ご挨拶

コメ家のひので三代目渡辺英樹
いつもお世話になっております。コメ家のひのでの三代目渡辺 英樹です。お陰様でコメ家のひのでは、第二次世界大戦の真っ只中の1941年に祖父が創業して以来皆様からのご贔屓頂いたおかげで、今までやってこれました。ありがとうございます。祖父から始まったコメ家のひのでは、私の父、そして私と受け継がれています。今 までも、そしてこれからも『一人でも多くのお客様に美味しいお米を食べて頂きたい』を合言葉に、より安全により安心して美味しく食べていただけるお米を提供させていただければと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

私は、大阪の老舗米屋に生まれ、
幼少期からお米に携わる機会に恵まれました。
私自身、お米と共に生きてきたといっても過言ではありません。
三代目の私、渡辺 英樹は、この祖父から始まるひのでを
存続させることで、本当に美味しいお米を皆様に食べて
頂きたいと思っております。
皆さん、本当に美味しく、甘いお米を食べたことがありますか?
ほんとうに美味しいお米は、甘くて、食感があって、お米が光っているんです!!
そんな美味しいお米を一人でも多くの皆さんに食べて頂くことが
私の大きな使命です!!

ご存知のとおり、米屋業界は縮小の一途を辿っています。
近所のお米屋さんも売上不振・跡取り不在で廃業されるところが多くあります。
その中で、跡目を継ぐ覚悟は相当な決心でした。
『祖父から続くこのひのでを終わらせるわけにはいかない!!』
その思いで、私は奮起致しました。
日本人の心であるお米を皆さんに再度思い出していただき、
そして、このお米を世界に発信していきます!!!
"日本のお米が世界一美味しいと言っていただける活動をやっていきます。


渡辺英樹